地域と関わりながら、自分の暮らしを豊かにする。
〜マルシェがある街の仕掛け人とこれからの未来を考える〜

イベントは終了しています

2019年11月26日(火)

今、日本各地で、ものづくりを仕事にし、自らつくったものをマルシェやマーケットで訪れた人と交流しながら販売するDIYな暮らし方、働き方を実践する人々が増えています。また地域で開催されるマルシェに出店したりなどと盛り上がりを見せています。

今回はマルシェを手掛けながら、地域と繋がり、暮らしを豊かにしているお二人がゲストです。

地元茅ヶ崎で70年以上続く小さな工務店の三代目 、湘南を中心に家族が幸せになる家づくりを提案しつつ、茅ヶ崎ストーリーマルシェを運営している青木隆一さん。

『マーケットでまちを変える~人が集まる公共空間のつくり方』の著者であり、自ら埼玉県志木市でマーケットを運営する鈴木美央さん。

ゲストのお二人にそれぞれ運営し続けてきて感じていること、地域との関わりや継続できているヒントや地域の暮らしなど、イベント当日はたくさんのことを伺おうと思います。

日時
2019年11月26日(火)19時30分〜22時(19時15分開場)
出演
鈴木美央|博士(工学)、建築家、マーケット(市・マルシェ)専門家
青木隆一|茅ヶ崎の工務店の三代目、「茅ヶ崎ストーリーマルシェ」を運営

ファシリテーター
柴田大輔|株式会社はじまり商店街/共同代表取締役
(敬称略)

参加費
500円
定員
40名(事前申し込み制)
申し込みページ
https://peatix.com/event/1377004/
主催
YADOKARI株式会社
後援
平和不動産株式会社
会場
CAFE SALVADOR BUSINESS SALON
東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク