「人間主義的思想家」 加藤周一を偲ぶ 
生誕百周年を締めくくるために

イベントは終了しています

2019年11月30日(土)

加藤周一(1919-2008)は、戦後日本を代表する国際的知識人であり、東洋的かつ西洋的視点をもとに日本文学史や日本美術史を研究していました。

本講演会は、この生誕百周年に際して、立命館大学の「加藤周一現代思想研究センター」の活動の意義と展望を示すとともに、日中の相互理解のための晩年の加藤周一の仕事や、これまであまり注目されてこなかった加藤氏の知識人像を紹介します。彼の学術的な側面だけでなく京都を愛した彼の人間的側面を発信します。

日時
2019年11月30日(土)14時~17時
プログラム・出演
開会の言葉
司会:小関素明(立命館大学)

『しかし、それだけではない。加藤周一 幽霊と語る』
(加藤周一映画製作実行委員会 矢島翠 / 桜井均)より一部抜粋を上映

講演「加藤周一文庫と『加藤周一の方法』」
鷲巣 力(立命館大学)

講演「晩年の加藤周一の仕事 ―日中相互理解のために―」
彭 佳紅(帝塚山学院大学)

講演「加藤周一における理性と精神性 -死の意識から人間主義的思想へ」
ジュリー・ブロック(京都工芸繊維大学)

(敬称略)

参加費
無料
懇親パーティーは要会費
申し込み
不要
懇親パーティーは要申込
主催
ジュリー・ブロック
会場
京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 60周年記念館 2階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク