JIA市民大学講座2019まちづくりセミナー 
まちの価値を高める「景観デザインレビュー」を考える

イベントは終了しています

2019年11月28日(木)

近年、自治体による建築行為等の誘導やエリアマネジメント組織による建物・広告物のデザイン協議など、協議を通 じた良好な景観形成を目指す取組が広がっています。その中で「景観デザインレビュー」は非常に有効な方法ですが、 実施側の体制整備や事業者・設計者の理解の促進などをはじめ、効果的な運用に向けて課題は多数あります。

このため、「景観デザインレビュー」についての情報提供を行った上で、取組の実績のある自治体、今後の展開の可能 性が考えられるエリアマネジメント組織や設計者などによるディスカッションを通じて、まちの価値を高めるための「景観デザインレビュー」の普及と、専門家である建築家の主体的な関わりの促進に向けた情報発信を行います。

日時
2019年11月28日(木)18時~20時30分
プログラム・出演
・基調報告
「景観デザインレビュー」とわが国における類似の取り組みの実態
高松誠治
(建築等を通じた良好な景観形成・まちづくり推進協議会、スペースシンタックスジャパン(株)代表取締役)

・パネルディスカッション
パネリスト:
大西正英
(一般社団法人御堂筋まちづくりネットワーク事務局、(株)竹中工務店開発計画本部副部長)
忽那裕樹
(ランドスケープデザイナー、(株)E-DESIGN代表取締役)
西 修
(神戸市都市局計画部景観政策担当部長)
橋本健治
(建築家、兵庫県ヘリテージマネージャー、意匠人設計房主宰)
柳田良造
(都市デザイナー、岐阜市立女子大学生活デザイン学科名誉教授、プラハアソシエイツ(株)代表)
コーディネーター:
江川直樹
(建築家、関西大学環境都市工学部教授)

(敬称略)

参加費
一般 1,000円/学生 無料
(事前申し込み制)
主催
公益社団法人日本建築家協会 (JIA) 近畿支部 都市デザイン研究会
共催
建築等を通じた良好な景観形成・まちづくり推進協議会
会場
関西大学梅田キャンパスKANDAI Me RISE 4階多目的ホール
大阪市北区鶴野町1-5
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク