「ものづくりの民主化」が生み出す建築・住まいの未来
〜DIY、メーカーズ文化、世界に一つだけの家づくり〜

2019年12月18日(水)

誰もがクリエイターになる世界は、もうすぐ目の前に来ています。YouTubeの動画プラットフォームを使えば動画クリエイターになれたり、メルカリを使えば誰もが手軽にバイヤーになれたり、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSを使えばまるで記者のように意見を世の中に伝えることができる。自分の好きを表現し合い、繋がり合う世界の次は、自分がクリエイターとして自分のために作り、自分の人生が豊かになるものを、自分のために作るのです。

これまでは専門知識が必要であった「ものづくり」がインターネットやテクノロジーの発展と共に、気軽に作れる世界。何かを作る時に「ものづくり」の専門の人にしか見えていなかった部分が見えてくる、または必要なくなる時代がすでに来ています。

今回のテーマは「住まい」「建築」を切り口に、「ものづくり」の未来に挑戦するお二人をお呼びしてのイベント。日本の建築デザイン専門月刊誌である「新建築」・「住宅特集」で表紙を飾った今の時代を代表するお二人です。

1人目のゲストは、施主も、設計士も、職人も、家づくりに全員が同じステージに立ち、みんなのセッションから生み出される「世界にひとつだけの家」を作り続ける株式会社HandiHouse project の加藤 渓一 さん。これからの住まいの実験室「HandiLabo」の運営をしながら住まいの新しい未来への挑戦をする。

2人目のゲストは、買い手がオンラインでオーダーメイド家具を自由に設計し、全国各地の工房からオンデマンド出力できるプラットフォーム「EMARF」を運営しながら、自律分散型地域生産を目指すVUILD(ヴィルド)株式会社 CEO/アーキテクト 秋吉浩気 さん。ものづくりのハードルを下げ、「ものづくりの民主化」の未来への挑戦をする。

二人に共通するのは「住まいや、暮らし」という切り口から「ものづくり」のアップデートを企てている事。

今回はYADOKARI さわだいっせい、はじまり商店街 くまがいけんすけ がファシリテーターを務めながら、「住まいや暮らし」という視点から「ものづくり」に携わる 両氏が考える、これからの未来について伺っていこうと思います。皆さまにお会いできる事を、心より楽しみにしております。これからのものづくりを一緒に考えていきましょう!

日時
2019年12月18日(水)19時30分〜21時30分(22時完全撤収)
出演
加藤渓一|株式会社HandiHouse project
秋吉浩気|建築家/起業家/VUILD株式会社代表取締役
ファシリテーター
さわだ いっせい|YADOKARI株式会社 共同代表取締役
くまがいけんすけ|株式会社はじまり商店街 代表取締役
(敬称略)
参加費
会場参加費 1,500円
動画ライブチケット 500円
定員
現場:40名
動画ライブ:無制限
事前申し込み制
申し込みページ
https://peatix.com/event/1387528/view
主催
YADOKARI
会場
100BANCH
東京都渋谷区渋谷3丁目27番1号100BANCH 3F Loft
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク