千葉雅也 × 平倉圭「小説を書くこと、制作すること」
『デッドライン』(新潮社)・『かたちは思考する』(東京大学出版会)刊行記念

2020年01月10日(金)

初の小説『デッドライン』(新潮社)で第41回野間文芸新人賞を受賞した千葉雅也さんと『かたちは思考するー芸術制作の分析』(東京大学出版会)で「かたち」の力を論じる平倉圭さんが、あいまいで複雑なものをあいまいで複雑なまま書くことができる小説の魅力を語ることから出発し、広い意味での「制作の哲学」を展望します。

日時
2020年1月10日(金)19時~21時(15分前に開場)
出演
千葉雅也|立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授
平倉 圭|横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授
(敬称略)
参加費
・書籍『デッドライン』+イベント参加券 セット 2,145円
・書籍『かたちは思考する』+イベント参加券 セット 4,730円
・イベント参加券 1,600円(税込)
定員
70名(事前申し込み制)
主催
代官山 蔦屋書店
共催
新潮社・東京大学出版会
会場
代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
(東京都渋谷区猿楽町17-5)
東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ