シンポジウム「二拠点で活動する二人の女性建築家」 
スイス・ウガンダと日本

イベントは終了しています

2020年01月17日(金)

今年の10月、緒方貞子さんがお亡くなりになりました。緒方さんは日本人女性として世界中の難民を救済する国連難民高等弁務官をはじめ数々の要職に就かれ活躍されました。現在、日本では働き方改革や社会での女性登用が声高に叫ばれてはいるものの一向に変化する兆しが見えていません。今回のシンポジウムは、そうした状況の中でスイスとウガンダを行き来している二人の女性建築家にフォーカスを当てどのように二国間で仕事をされているのか、またどのように生きがいを見出されているのかなどをお聞きする予定です。

大嘗祭がすんで新たな令和二年の幕が開ける1月17日、新しい時代にふさわしいシンポジウムを開催いたします。皆様の来場を心よりお待ちしています。

日時
2020年1月17日(金) 19時~21時
出演
貝島桃代|アトリエ・ワン
樫村芙実|テレインアーキテクツ/TERRAIN architects
モデレーター:
伊藤維
(敬称略)
主催
ミサワホーム株式会社 Aプロジェクト室
企画・監修
大島滋(Aプロジェクト室 室長)
会場
ミサワホーム インテリアホール 新宿NSビル16階
東京都新宿区西新宿二丁目4番1号
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク