新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載当時から内容が変更となっている場合がございます。

都甲幸治『世界文学の21世紀』
第五回 都甲幸治 × ドミニク・チェン「テクノロジーと文学」

2020年01月22日(水)

現在、文学の世界では何が起きているのか。神保町ブックセンターでは、アメリカ文学研究者で翻訳家の都甲幸治さんをお招きし、変動する社会やアクチュアルな同時代カルチャーとの接点も踏まえつつ、世界文学の潮流に迫る対談をシリーズで開催しています。

第五回は情報学研究者としてメディアテクノロジーの先端に携わる一方、「クリエイティブ・コモンズ・ジャパン」の立ち上げに関わるなどフリーカルチャーにまつわる活動でも大きな実績のあるドミニク・チェンさんをお招きします。

フリーカルチャーやオープンソース運動、AIの発達とシンギュラリティなど、我々の暮らしや文化にも様々な形で関わりのある最先端のテクノロジーが文学と交わる点ははたしてどこにあるのでしょうか。これまでの研究活動の集大成ともいえる位置づけになる新刊『未来をつくる言葉』(新潮社)を踏まえつつ、大いに語り合います。

また、チェンさんは2020年の3月から6月まで、六本木ミッドタウンのデザインミュージアム2121 Design Sight(三宅一生デザイン文化財団)で開催される翻訳をテーマにした企画展のディレクターを務めており、翻訳についての議論も展開されるかもしれません。

日時
2020年1月22日(水)19時~21時
18時15分 受付開始
18時30分 開場
出演
都甲幸治
ドミニク・チェン
(敬称略)
参加費
1500円
申し込みページ
https://technology-literature.peatix.com/
主催
神保町ブックセンター
共催
株式会社 Pヴァイン
会場
神保町ブックセンター
東京都千代田区神田神保町2-3-1
岩波書店アネックス1F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク