ジャパニーズ・モダンデザインの誕生 — 1940年代から70年代 —

イベントは終了しています

2020年01月14日(火)〜2020年02月22日(土)

京都工芸繊維大学美術工芸資料館では、このたび、山鬼文庫(金沢市)所蔵作品をお借りして、「ジャパニーズ・モダンデザインの誕生-1940年代から70年代-」を開催いたします。

山鬼文庫は、工芸・デザイン史 研究者森仁史氏が蒐集された、歴史、思想、美術、デザインなどに関する膨大な図書で知られていますが、同文庫にはまた、デザイン資料としての「実物」も数多く収蔵されています。今回は、山鬼文庫から、1940年代から70年代にかけてわが国でつくられた家具、プロダクト製品、写真雑誌類、各種広告類さらにデザイン教本などをお借りして、日本のモダンデザインが確立してくる時期の様相をたどります。

展示は、第1部「グラフィック・写真のモダンデザイン」、第2部「家具にみるジャパニーズ・モダンデザイン」、第3部「戦後日本のプロダクトデザイン」および「山鬼文庫所蔵のデザイン教本」(附属図書館)からなり、第1部では戦前、戦中期に刊行された国策雑誌を中心に、アメリカの写真誌を参考にしたデザインの諸相を展示いたします。第2部では、1970年代までに制作された家具を中心に、第3部ではプロダクトデザイン製品を通して、日本のモダンデザインが形成されてくる過程を示します。また、附属図書館では、明治時代末から戦中期にかけての雑誌やデザイン教本、デザイン戦略に関する書籍を展示いたします。

この展覧会では、日本において、「デザイン」が徐々に形成されてゆく過程を、多彩で多様な「実物」を通してご覧いただきます。実物が語るジャパニーズ・モダンデザインの誕生をぜひお楽しみください。

日時
2020年1月14日(火)~2020年2月22日(土)
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
日曜日・祝日、1月18日(土)
入場料
一般200円/大学生150円/高校生以下無料
主催
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
共催
山鬼文庫
企画
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
会場
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
市営地下鉄「松ヶ崎」駅下車1番出口から右(東)へ約400m、四つ目の信号を右(南)へ約180m進む。
京都バス高野泉町駅下車、馬橋を渡り左へ約200m進む。
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク