大工さん展 近世の職人文化とその伝統

2020年01月11日(土)〜2020年03月01日(日)

時代劇や落語の世界をいろどるさまざまな町人たち。なかでもおなじみの職人といえば大工です。落語の熊さん八つぁんに代表されるように、おっちょこちょいで、ふとしたことから騒動を巻き起こしたり、人情味にあふれていたり。人々は親しみを込めて彼らを「大工さん」と呼んでいました。

本展ではそんな「大工さん」が活躍した江戸から明治大正にかけての職人像に焦点をあてます。衣食住といった日常の暮らしや、仕事場での姿を通して、職人が築き上げてきた独特の世界を紹介します。また会場内では当館製作のオリジナル落語(小噺:こばなし)をアニメーションでリメイクして上映します。

日時
2020年1月11日(土)~3月1日(日)9時30分〜16時30分(入場は16時まで)
休み
月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料
一般500円/大高生300円/中学生以下無料/65歳以上の方200円
主催
竹中大工道具館
協力
大阪市立住まいのミュージアム、神戸芸術工科大学、竹中工務店
会場
竹中大工道具館
(兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1)
  • 山陽新幹線「新神戸」駅 中央改札口より徒歩約3分
  • 神戸市営地下鉄「新神戸」駅 北出口1または北出口2より徒歩約3分
  • シティ・ループ「12新神戸駅前(2F)」下車徒歩約3分
  • 神戸市バス2系統・18系統「熊内6丁目」下車徒歩約2分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク