オープンフォーラム2020
『芸術文化が都市の空間と時間を拡張する』

2020年02月06日(木)

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京は、国際都市としての芸術文化のあり方をめぐる議論を行うフォーラムを開催します。今年度は、芸術文化による都市の空間と時間の拡張に焦点をあてます。

東京都は、芸術文化の力で都市力を引き出すとともに、都市全体で祝祭感の創出を目指しています。その活動のレガシーのひとつとして、都市の公共空間を新しい発想で活用することで、東京の新たな魅力発信に取り組んでいます。また、ナイトタイムエコノミーなど、文化イベント等を通じた時間の新しい活用による都市魅力の創出も話題となっています。

そこで、現在、芸術文化を通じた都市魅力の創出に関わる芹沢氏、伏谷氏に加え、2024年、2028年に大会開催を控えるパリ市、ロサンゼルス市、各都市から有識者を招き、最新でクリエイティブな空間・時間の活用動向、公民連携プロジェクトなどの事例を踏まえ、芸術文化をいかにして都市のブランド価値にできるのかを考察します。

当日お迎えする、パリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の文化担当ディレクターを務めるステファン・フィエベ氏、ロサンゼルス市で初のチーフデザインオフィサーを務めるクリストファー・ハウソーン氏は、共に日本では初講演となります。この貴重な機会に、是非ご来場ください。

日時
2020年2月6日(木)16時~19時(開場15時30分)
出演
ステファン・フィエベ(パリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化担当ディレクター)
クリストファー・ハウソーン(ロサンゼルス市 チーフデザインオフィサー)
芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
伏谷博之(ORIGINAL Inc. 代表取締役、タイムアウト東京代表)
(敬称略)
参加費
無料
定員
130名(事前申し込み制・応募者多数の場合は抽選)
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
会場
THE CORE KITCHEN/SPACE
東京都港区新橋4丁目1-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク