東京大学復興デザインフォーラム2020
「首都直下地震へのレッスン」

イベントは終了しています

2020年02月04日(火)

M7クラスの首都直下地震の発生確率は、今後30年間で約70%と予測されている。木密地域での建物倒壊や火災、臨海部や0m地帯での液状化、高度に発達したインフラ・ライフライン停止、大量の帰宅困難者の発生など、さまざまな被害が想定されるなか、首都東京の復旧・復興に向けて、今何を考え、備えておくべきだろうか。首都直下地震を中心に大規模災害後の復旧・復興準備に取組む専門家を交えて、議論する。

日時
2020年2月4日(火)13時〜18時
事前申し込み制
申し込み方法は下記詳細ページをご覧ください。
プログラム・出演
13時 はじめに 窪⽥亜矢(東京大学都市工学専攻特任教授)

第1部:減災・復興研究発表会
司会:羽藤英二(東京大学社会基盤学専攻教授)
13時5分 【博士】復興研究
益邑明伸(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻)
須沢 栞(同建築学専攻)
13時45分 【修士】減災・復興減災研究

第2部:⾸都直下地震へのレッスン
15時10分 趣旨説明 萩原拓也(東京大学復興デザイン研究体特任助教)
15時15分 建築復興デザインスタジオ「時限的市街地」
学生成果発表
解説・コメント:大月敏雄(東京大学建築学専攻教授)
16時 「⾸都直下地震と都市復興」
中林⼀樹(明治大学研究推進員/東京都立大学・首都大学東京名誉教授)
16時30分
「首都直下地震と住宅確保」
佐藤慶一(専修大学ネットワーク情報学部教授)
17時10分 クロストーク
中林一樹 ✕ 佐藤慶一 ✕ ⼤⽉敏雄(司会)
コメント:本田利器(東京大学新領域創成科学教授)

18時 おわりに 原田 昇(東京大学都市工学専攻教授)

(敬称略)

主催
東京大学復興デザイン研究体
会場
東京大学本郷キャンパス 工学部1号館 15号教室
東京都文京区本郷7丁目3-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク