公開研究会「南海トラフ沖地震対策としての津波減災地域づくりの計画論」

2020年03月02日(月)

東日本大震災の津波復興と呼応するように、南海トラフ沖地震対策としての「減災地域づくり」ないし、事前復興対策が展開している。取り組み地域は広域にわたるが、学識者として、またアウトリーチ型研究としての実践を踏まえ、事前高台整備事業や「津波災害警戒区域」の指定運用など、この間の最新の取り組みと達成点について報告を行い、今後の方向性について議論を行う。

日時
2020年3月2日(月)15時~18時
プログラム・出演
主旨説明:市古太郎(主査:首都大学東京)
主題解説
1. 四国地域での津波防災まちづくりのレビュー 渡辺公次郞(徳島大学)
2. 沼津市における事前移転事業の取り組み 池田浩敬(常葉大学)
3. 伊豆半島における津波減災地域づくり 加藤孝明(東京大学)
4. 事前復興の取り組み —南あわじ市、由良町̶— 牧 紀男(京都大学)

ディスカッション
司会:越山健治(関西大学)
(敬称略)

参加費(資料代)
一般 2,000円/学生 500円
定員
40名(事前申し込み制・先着順)
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=625304
主催
日本建築学会 都市計画委員会 事前復興・災害対策小委員会
会場
建築会館 会議室
(東京都港区芝5-26-20)
  • JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク