京都工芸繊維大学大学院建築都市保存再生学コース 保存再生学特別研究会 
文化財の保存活用におけるこれからの建築士の役割を考える 
民間の設計者は文化遺産の保存活用に如何に貢献すべきか

イベントは終了しています

2020年02月14日(金)
日時
2020年2月14日(金)13時30分〜16時40分(13時受付)
プログラム・出演
主催者挨拶
清水重敦(京都工芸繊維大学教授)

趣旨説明「近現代建築の保存・再生・活用における課題」
田原幸夫(京都工芸繊維大学客員教授)

「21世紀の日本において文化遺産の保存活用をだれが担うのか」
矢野和之(文化財保存計画協会代表取締役/日本イコモス国内委員会)

「東京建築士会におけるヘリテージ教育と文化遺産への取り組み」
伊郷吉信(自由建築研究所代表/東京建築士会)

座談会
矢野和之+伊郷吉信+田原幸夫
+笠原一人(京都工芸繊維大学助教)+中山利恵(京都工芸繊維大学助教)
(敬称略)

参加費
無料
定員
120名(申し込み不要・当日先着順)
主催
京都工芸繊維大学大学院建築学専攻/京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
共催
日本イコモス国内委員会/東京建築士会
後援
日本建築家協会/DOCOMOMO Japan
会場
京都アカデミアフォーラム in 丸の内
東京都千代田区丸ノ内1-5-1新丸の内ビルディング10階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク