「SDGs日本モデル宣言を読み解く」第4回 
住み続けられる都市をデザインする — SDGsとまちづくり —

イベントは終了しています

2020年02月17日(月)

今回は、これまで議論してきたSDGsに関する理念や、断片的な暮らしの風景をつなぎ合わせて実空間へ反映させる建築家や都市デザイナーに焦点を当てます。デザイナーが、地球の文脈、地域の文脈、そこで暮らす一人ひとりの文脈をいかに捉えて、ポテンシャルを活かし課題を解決しているのか、建築空間や都市空間といった様々なスケールでお話を聞いていきたいと思います。

日時
2020年2月17日(月)19時〜21時30分(懇親会30分含む)
出演
プログラムコーディネーター
川廷昌弘(シティラボ東京メンター)

登壇者
小林博人(建築家、慶應義塾大学大学院教授)
鈴木美央(O+Architecture(オープラスアーキテクチャー合同会社)代表社員)

(敬称略)

参加費
一般2,000円/学生1,000円
定員
50名(事前申し込み制)
主催
シティラボ東京
会場
シティラボ東京
東京都中央区京橋三丁目1番1号 東京スクエアガーデン6F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ