mASEANa Project第9回国際会議
「近現代建築を若返らせるには?日本と東南アジアをつなぐ」

イベントは終了しています

2020年02月15日(土)

2015年11月に発足した mASEANa Project 2015-2020 は、Docomomo Japan と国際交流基金が共同で開催する、東南アジアの近現代 建築を日本と現地の人々で考える相互貢献型の国際プロジェクトです。

第9回目の今回は、昨年10月にシンガポールで開催された第8回会議を踏襲し、「若返り」をテーマとします。20世紀半ば、東南アジア諸国を華々しく飾った近代建築の数々は、老朽化などを理由に、現在急速に再開発の対象になりつつあります。年月を重ねた老練な建物は、しばしばただ老いた建物として安易に建て替えられてしまいますが、この傾向に対して、建物が積み重ねてきた価値を継承しながら、そこに再び新鮮な価値を与えるような、建築の若返りの可能性を本会議では追究します。日本と東南アジアの専門家が集まり、各国の現状や取り組みを紹介・議論します。

日時
2020年2月15日(土)10時15分〜16時20分
出演
青木 淳(建築家/青木淳建築計画事務所)
「流儀を引き継ぐこと/新たな相を引き出すこと」

Ho Weng Hin(Studio Lapis 共同代表)
“The Future of Our Recent Past: Rejuvenating Singaporean Modern”

青木 茂 (建築家/株式会社青木茂建築工房 代表取締役)
「建築をリファイニングする」

Wong Chung Wan(MAEK Consulting)
“Restoration of historic (pre-cast) facade – case studies from Malaysia”

Gerard Rey Lico (ザ・フィリピン・ディリマン大学)
“Conservation of Modern Heritage in the Philippines”

千葉学(建築家/東京大学大学院工学研究科教授)
「時間と空間を紡ぐこと:大多喜町役場の事例から」

ほか
(敬称略)

参加費
無料
定員
150名(事前申し込み制・先着順)
主催
一般社団法人ドコモモジャパン
共催
独立行政法人国際交流基金
会場
明治神宮 参集殿
渋谷区代々木神園町1番1号
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク