山本圭 × 斎藤幸平「ポピュリズムか、社会運動か 民主主義と私達のこれから」
『アンタゴニズムス』(共和国)刊行記念トークイベント

2020年02月28日(金)

ラクラウやムフの訳書や論稿の発表で民主主義の現状とこれからについて世に問うてきた山本圭さん単著『アンタゴニズムス: ポピュリズム〈以後〉の民主主義』を刊行されます。

本書では左派ポピュリズムのあとのラディカル・デモクラシーにおいて、複数の「アンタゴニズム(敵対性)」=「アンタゴニズムス」が鍵であるととらえ、これからの民主主義を問いかけています。
斎藤幸平さんは2018年、マルクス研究の著作でドイッチャー記念賞という大きな賞を受賞しました。マルクスの思想を用いて、世界を改善していくことを提示しています。

『アンタゴニズムス』の第一章は「マルクスを別の仕方で相続すること──ポスト・マルクス主義とは何か」であり、21世紀の民主主義とマルクスは接続するのかが論じられています。気候危機、不平等や貧困、フェイクニュースの蔓延、相互不信。世界の諸問題に対して、お二人はそれぞれの研究からどのような解を導こうとしているのでしょうか。

いまやメディアでも注目の集まるお二人ですが、当店店店長福嶋は、『労働と思想』(堀之内出版)等を通じて、早くからお二人に注目していました。書店を「言論のアリーナ」と表現し、多様な理論の展開を試みる福嶋率いるジュンク堂書店難波店という舞台で、遠慮無用、激突必至の熱いクロストークが繰り広げられます。必聴!

日時
2020年2月28日(金)18時30分~20時
出演
山本圭|立命館大学法学部准教授。専攻は、現代政治理論、民主主義論
斎藤幸平|大阪市立大学経済学研究科准教授
(敬称略)
参加費
無料
定員
30名(事前申し込み制)
会場
ジュンク堂書店 難波店
大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 マルイト難波ビル3階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク