奥山淳志 × ヨコミゾマコト × 富井雄太郎
『大きな屋根 建てる —— 釜石市民ホールTETTO 2013-2019』刊行記念 写真家と建築家、編集者のトーク

本イベントは中止となりました。
2020年03月09日(月)

ものごとに懸命に取り組んでいる時、その記録は後に残りにくいものです。また、私たちの記憶は曖昧です。

9年前の東日本震災で使用できなくなった岩手県釜石市の市民文化会館に代わる新しい市民ホール建設の過程を記録した写真集ができました。まちの中に、突然空き地ができて建築工事が始まっても、それまでそこに何があったのか、すぐには思い出せません。毎日のように前を通っていたにもかかわらず。写真集をつくり、釜石の皆さんにお渡しすることで、釜石のまちの歴史の一断面として、人々の表情、時の空気を後世に伝える役割を担えれば、と考えたのです。まちも建築も一人でつくることはできません。人だけではありません。地勢や気象などもかかわってきます。あまりにも当たり前すぎて、普段見流しているそのことを、具体的な物にしておきたいと思いました。震災では、形のあるものないもの、とてつもなく多くのものを失いました。その一方で、得られたものも少なからずあるように思えます。それは、元々私たち自身の内側にあって、災害をきっかけに表に現れてきたものではないかと感じています。写真家の奥山淳志さんや編集の富井雄太郎さんとも、あらためてそのような話をしたいと思っています。この機会を一人でも多くの方々と共有させていただければ幸いです。(ヨコミゾマコト)

日時
2020年3月9日(月)19時30分〜
*イベント当日、お店は18時にてクローズ致します
出演
奥山淳志
ヨコミゾマコト
富井雄太郎
(敬称略)
参加費
500円+1ドリンク500円
定員
25名(事前申し込み制)
会場
Title
(東京都杉並区桃井1-5-2)
  • JR荻窪駅 北口より青梅街道を西へ徒歩10分
  • JR西荻窪駅 北口より東へ徒歩18分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク