村井正誠 あそびのアトリエ

2020年02月08日(土)〜2020年04月05日(日)

洋画家・村井正誠(1905-1999)は、戦前は新時代洋画展や自由美術家協会、戦後はモダンアート協会の創立メンバーとして、画壇に新風を送り続けた抽象絵画のパイオニアです。岐阜県大垣市に生まれ、和歌山県新宮市で少年期を過ごした村井は、文化学院の大学部美術科第一期生として学んだ後、1929年に渡仏し当時最先端の美術潮流に刺激を受けます。1939年からは世田谷区中町に自宅兼アトリエを構え、終生この地で創作を続けました。
村井の絵画は一貫して「人」をテーマとし、おおらかであたたかな独特の雰囲気を纏(まと)っています。また、様々な素材によるオブジェ制作にも取り組み、絵画に劣らない豊かな造形はかわいらしさやユーモアに溢れています。そして、自作品が民芸品など愛着の品々とともに並んだアトリエは、それ自体が村井の造形世界を凝縮したかのようです。そのアトリエは現在、建築家・隈研吾の設計により、画室をそのまま内部に保存した美術館となっています。
本展では村井の画業をたどるとともに、版画やオブジェ、素描など多彩な創作活動と、作品が生み出されたアトリエをご紹介し、村井の造形にひそむ「あそび」の精神を探ります。

日時
2020年2月8日(土)~4月5日(日)10時~18時(入場は17時30分まで)
休み
月曜日(祝・休日の場合は開館、翌平日休館)
※2月24日(月・振替休日)は開館、翌2月25日(火)は休館。
入場料
一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円
主催
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
会場
世田谷美術館
(世田谷区砧公園1-2)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク