シンポジウム「パブリックアートと東京」

本イベントは延期となりました。
2020年03月01日(日)

都市の公共空間におかれたパブリックアートは、都市文化の中心でもあり、またその背景でもあります。近代都市に欠かせない存在としてのパブリックアートが東京でいかなる姿を見せ、いかなる存在であるべきかを考えます。

日時
2020年3月1日(日)13時~17時30分
プログラム・出演
基調講演
北川フラム(アートディレクター、㈱アートフロントギャラリー代表取締役会長,福武財団常任理事)
「社会的共通資本としてのアート」

講演
高田洋一(彫刻家、美術家)
「パブリックアートの制作現場から―見えない風を可視化する」

藤井匡(東京造形大学准教授、美術評論家)
「パブリックアートのつくる公共性」

荒川裕子(法政大学キャリアデザイン学部教授)
「パブリックアートの受容のありかたをめぐって」

パネリスト
岡村民夫(法政大学国際文化学部教授)
岩佐明彦(法政大学デザイン工学部教授)
岩井桃子(キュレーター)

挨拶
横山泰子(法政大学江戸東京研究センター長・法政大学理工学部教授)

司会
山本真鳥(プロジェクトリーダー・法政大学経済学部教授)

(敬称略)

参加費
無料(事前申し込み不要)
主催
法政大学江戸東京研究センター
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート2階 G201教室
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク