きたれ、バウハウス 
——造形教育の基礎

2020年04月11日(土)〜2020年05月31日(日)

1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が創設されました。実験精神に満ち溢れたこの学校は、造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼしています。2019年にバウハウスは開校100年を迎えました。 バウハウスでは、ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなど時代を代表する芸術家たちが教師として指導にあたり、優れたデザイナーや建築家が育ち、時代を切り開くプロダクトデザインやグラフィックデザインが生まれました。とりわけ、入学した学生が最初に受ける基礎教育で教師たちが試みた授業はユニークなものでした。 本展覧会では、学校としてのバウハウスに焦点をあてます。基礎教育で教師たちが試みた授業を中心に、各教師の授業内容を紹介するとともに、その一端を体験していただくコーナーを設けます。さらに、基礎教育を終了したのちに進む様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台、建築など)での教育の成果や資料など約300点を展示します。また、当時、実際にバウハウスに入学した日本人留学生、水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝の4人の作品・資料を一堂に集めて紹介し、バウハウスと日本のつながりをご覧いただきます。 皆さんも、歴史に燦然と輝くバウハウスに、体験入学してみませんか!

日時
2020年4月11日(土)〜5月31日(日)10時~17時30分(展示室の入室は17時まで)
休み
月曜日(ただし、5月7日(木)は開館。)
入場料
一般 1,000円/70歳以上 500円/大学生以下 無料
主催
静岡県立美術館/テレビ静岡/バウハウス100周年委員会
後援
ドイツ連邦共和国大使館/スイス大使館/
ハンガリー大使館/一般社団法人 日本建築学会
特別協力
ミサワホーム株式会社/東京国立近代博物館
協力
専門学校 桑沢デザイン研究所/大阪芸術大学/
株式会社 アトリエ ニキティキ
会場
静岡県立美術館
静岡市駿河区谷田53-2
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク